眼科で行う検査に使う主な器械についてお話しします。

@細隙灯顕微鏡
Aオートレフラクトメータ
Bノンコンタクト・トノメータ
C無散瞳眼底カメラ
D
E静的量的視野計
Fレンズメータ
Gラジアスゲージ
Hモニター(コンタクトレンズ用)
Iフリッカー式両眼視機能検査器(WOCopusOFU、D-5000)
JOCT(眼底三次元解析装置)

@細隙灯顕微鏡です。

 細隙灯顕微鏡は、細い光を診る方向と少しズラして目に当てて、まぶた、角膜(黒目の表面)、結膜(白目の表面)、虹彩(茶眼)、水晶体(レンズ)など、主に目の前の部分を検査します(その原理については、よもやま話バックナンバー2をご参照下さい。)。
 ものもらい、結膜炎、角膜のキズ、白内障などを詳細に診ることができます。また、細隙灯顕微鏡用の眼圧計を使って眼圧の測定や、検査用のコンタクトレンズを使うことにより、詳細な眼底検査もできます。

 当医院ではビデオカメラを装着し、モニターでご自身の目をご覧になれるようにしてあります。


Aオートレフラクトメータ(他覚的屈折測定器)です。

 近視や遠視、乱視の度数を他覚的に測ります(一般の視力検査で測れるのは自覚的な屈折度です。)。
 また、当医院のこの器械では、同時に角膜の形状(黒目の表面の出っ張り具合)を測定できます。円錐角膜などの角膜形状の異常などの発見やコンタクトレンズの合わせにも使用します。

Bノンコンタクト・トノメータ(非接触眼圧計)です。

 眼の堅さ(眼圧)を測ります。
 眼球はボールと同じように、一定の圧で丸く張っています。ちょうど良い圧は決まっていて、高すぎても低すぎても良くありません。

 緑内障、炎症や怪我に伴う眼圧の異常を検出します。

 直接、眼に触らずに測定できるタイプで、空気が出ますので、ちょっとびっくりしますが危険はありません。接触して検査するタイプの眼圧計は、先の細隙灯顕微鏡に付けて使用します。 
C無散瞳眼底カメラです。

 眼底(眼球の内側、網膜など)を撮影します。
 緑内障による視神経乳頭の変化や糖尿病網膜症など、眼底の病気を写真に出来ます。ご自身の眼底をモニターですぐにご覧になれます。

 瞳を目薬で拡げることなく撮影できるタイプですので、検査終了後も眩しくなったり、見にくくなったりしません。
 
モニター画面
D
E静的量的視野計(ハンフリータイプ)です。

 Dと同じく視野を測定しますが、指標は動かず、徐々に明るくなっていきます。どの位の明るさで感じたかによって、その部分の網膜の感度が解ります。
 たくさんの点で測って、視野全体の広がりを掴みます。

 緑内障初期の中心部の微妙な変化を捉えたりするのにも使います。
Fレンズメータです。

 メガネやコンタクトレンズのレンズの度数や遠近両用などレンズの種類を測定します。

 度数の変化の仕方や、乱視の入り方など細かくビジュアルに確認できますので、今、お使いのメガネが合っているか、あるいは新しく出来たメガネが正しく出来上がっているかなどを見ます。 
Gラジアスゲージです。

 コンタクトレンズのカーブなどを測定し、目に合っているかどうか、また歪みなど傷みがないかなど検査します。
Hモニター(コンタクトレンズの確認用)です。

 ご自身のコンタクトレンズを顕微鏡で確認できます。
 汚れやキズ、欠けや破れなどの破損を見ることが出来ます。
Iフリッカー式両眼視機能検査器です。

 斜視や弱視などの方の両眼視機能(両眼で見る能力、立体視など)を測定する器械です。
 
 斜視のお子さんなどでは、両眼視機能の程度によって、手術など今後の治療方針を立てる判断材料とします。
 また、大型免許や二種免許の取得・更新時の検査(三桿法)の模擬検査も行え、眼鏡などが適正かどうか判断できます。

 また、短時間で雲霧(調節に力が入るのを緩める)もできるので、調節痙攣の治療や眼精疲労の改善に使用します。




WOC D-5000も使用しています。
JOCT(眼底三次元解析装置)

 網膜や硝子体(眼球の中につまっているゼリー状のもの)の断面構造を診ることができる装置です。
 網膜の出血の程度、網膜の腫れ具合、硝子体の構造変化を調べることが出来ます。
 また、網膜の厚さを測定することにより、緑内障などの視神経疾患の程度や範囲を知ることが出来ます。